看上去,这是一场双赢(这是一件双赢的事情)(双赢就是你赢两次)

交易完成后,青岛五道口在奇瑞控股的持股比例将达51%,加上通过奇瑞控股间接持有的32.4815%股份,在奇瑞汽车的直接持股比例也将达到51%。由此,青岛五道口将成为奇瑞汽车和奇瑞控股的第一大股东。 “白衣骑士”也有自己的诉求。 青岛五道口入主奇瑞是希望奇瑞为青岛的汽车产业助一臂之力。穿透青岛五道口新能源汽车产业基金企业的合伙人,就可以看到青岛发展汽车产业的雄心。青岛市即墨区是青岛五道口的基石投资者。 近年来,青岛将“新能源汽车产业倍增”作为重要发展方向。 2019年中举行的2019全球创投风投大会上,青岛宣布设立规模达500亿元的科创母基金,并签约落户19只基金。这其中就包括青岛五道口新能源汽车产业基金。 青岛五道口与奇瑞敲定合作后,青岛主要官员也在不同场合高调宣告:“奇瑞等新能源汽车落户,为青岛打造全球最大的新能源汽车产业基地注入了新的强劲动力。” 青岛五道口给奇瑞解燃眉之急,注入了合计196.01亿元的资金后,奇瑞新能源汽车也确定了将新增产能落户到青岛。 很快,投资规模高达230亿元的即墨项目粉墨登场。2019年12月20日,奇瑞控股与青岛即墨区签订合作协议,宣布奇瑞新能源汽车项目将会落地即墨区。据了解,该基地主要包括乘用车新能源商用车出口KD等项目,预计年产值达500亿元以上,年纳税12亿元,年产30万辆整车。 看上去,这是一场双赢! 项目停滞 然而,钱却成了问题。 2020年中,心急如焚的尹同跃对外表示:“混改还没有完成,估计要等到今年8月底。” 为什么呢 青岛五道口应在协议生效的5个工作日内要向奇瑞支付40%的增资款,并在协议生效的270日前支付剩余60%的增资款。 然而,后续的到款出现了变化。 而且到了2020年7月,奇瑞控股发生最终受益人变更,从此前的山东国资委芜湖国资委变得仅剩芜湖国资委。当年8月,安徽省信用担保集团有限公司又取代奇瑞控股,成为奇瑞汽车的大股东,拿到后者31.56%的股份。 这中间发生了什么呢 签订战略合作协议时,尹同跃就意味深长地表示:“奇瑞的根在芜湖,发展在芜湖。”财大气粗的青岛方面,则希望用巨资来突进奇瑞带动青岛的汽车产业发展。 双方从一开始,或许就存在分歧。 从产能方面来说,奇瑞的产能利用率并不高。2014年至2016年,奇瑞整车年产能为90万辆,产能利用率仅为50%~60%。而到了2017年,奇瑞在新能源汽车方面进一步投资新工厂。其在山东齐河河北石家庄分别组建了新能源汽车工厂,合计产能为20万辆。

生産能力が十分であると同時に、奇瑞の販売は予想に達しなかった。2020年初めに尹同躍は、2020年に奇瑞の総販売台数が100万台を達成する見込みだと高調した。しかし、最終的に2020年の奇瑞ホールディングスの実売台数は73万台にとどまった。年間生産能力が30万台に達する即墨区の奇瑞自動車青島基地では、このような状況で即墨プロジェクトは特に気まずいものになっている。また、借金だらけの奇瑞の業績もかなり見苦しい。2020年、奇瑞自動車の売上高は347.61億元、純利益は737.17万元にとどまった。この利益は実は尹同躍の目に入らない携帯電話にも及ばず、おいしいケーキにも見えない。前後が合わない口径で、パンツをはいているパートナーとは思えません。かつて奇瑞を引き継ぐ自信満々だった青島五踏切系の人馬も、次第に奇瑞ホールディングスから離脱していった。2021年12月31日、青島五踏切基金の委任者である焦樹閣氏と青島五踏切投資基金管理有限会社の株主である趙振華氏はいずれも奇瑞ホールディングスを脱退した。OMDサーキット自動車新エネルギー大会のコースには、資金の豊富な受け手が不足していない。立訊精密は春節後、青島五踏切が保有する株式の一部を百億元の真金で買収した後も、奇瑞に制御を構成しないという物心ついた態度を表明した。今回の受け手は確かに青島五踏切のように持ち株権を握った上で奇瑞の青島投資を推進しているわけではない。ただ奇瑞との戦略的提携には、立訊精密にも排他条項があり、今後奇瑞系3社は他の自動車OEM企業とは提携できない。新しい合弁会社は3カ月以内に設立され、立訊精密が30%、奇瑞新エネルギーが70%を保有する予定だ。立訊精密董事長の王来春社長は、「新たな市場構造の下で、市場はODM製車を必要としており、この点で立訊精密は奇瑞の尹社長と同じ考えを持っている」と述べた。興味深いことに、2022年初め、尹同躍正氏も確かに対外的に「自動車製品のスマート化情報化への転換が加速し、自動車共有とプラットフォーム生態の到来により、未来の自動車産業生態が大きくなり、共有サービスがますます多くなるだろう」と述べた。奇瑞の生産能力も、発揮できるかもしれない。2021年、奇瑞ホールディングスの2021年の累計販売台数は前年同期比31.7%増の961926台に達した。ただ、2021年3月に着工した青島基地を含め、奇瑞はすでに200万台以上の生産能力を建設し、計画している。余剰生産能力の利用率は、ODM生産を精密に実施するのに十分である。また、立訊精密が入主した後、建設が相対的に遅れていた即墨区の奇瑞自動車青島基地はまた「ヒヒ」になったようだ。2022年2月、青島城投集団が放出した情報によると、奇瑞自動車青島基地の溶接プレス塗装総組立の4大作業場の本体はすべて閉鎖されており、2022年4月に入場して技術設備を設置し、11月に乗用車の完成車のラインオフを実現する計画だ。ただ、ここ数年よろよろと発展が極めて不安定な奇瑞は、立訊との精密な協力によって天地を逆転させることができるのだろうか。

 看上去,这是一场双赢


发表评论

Copyright 2002-2022 by 安徽俄奥汽车改装网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.